トップページ > 籾山 洋介
籾山 洋介

大学院担当講座のページ

籾山 洋介(もみやま ようすけ)

認知言語学・意味論を専門とする。近年主に「多義語」「比喩」(特に、多義語分析の方法、多義構造のモデル化、比喩の認知的基盤など)について研究してきた。最近は、まず、概念メタファーの枠組みに基づき、現代日本語の分析を通して、「人間(の営み)を人間以外の存在(の営み)を通して捉える」というメタファーの存在を明らかにすることに取り組んでいる(例えば、「鳥としての人間」「植物としての人間」「天気としての人間」「機械としての人間」などのメタファーが存在すると考えられる)。もう一つのテーマは、類義表現である。特に、同一の対象を異なる複数の捉え方で捉えるという認知能力を基盤とする多様な類義表現の分析・体系化を行っている。

[ページの先頭へ]


名古屋大学国際言語センター
〒464-8601 名古屋市千種区不老町 [ 地図 ]
電話 052-789-2198 FAX 052-789-5100
Copyright © 2014 International Language Center, Nagoya University