総合日本語

1.目標

 日本語能力試験N2-N1程度の日本語能力を有する学生を対象に、時事的・準学術的な抽象度の高いトピックを取り上げ、大学での研究に必要な口頭表現、文章表現の高度な能力を養う。

2.受講資格及び開講期間

 講義はすべて日本語で行っているため、日本語能力試験N2-N1程度の日本語力を備えていることが条件となる。開講期間は日本語コース(SJコース)と同様である。

3.開講クラス

(1)総合日本語Ⅰ(Intg Ⅰ)
 この授業では、「創作ラジオドラマ」を作ります。まず、実写映画やアニメ映画から、どんな人物がどんな声や表現で表されているのかを観察し、実際に声を出して練習します。また、ラジオドラマを聞いて、音声だけでどのようなイメージが伝わるのかを話し合います。最後に映画からラジオドラマの脚本を作り、全員でラジオドラマを演じて、録音します。

(2)総合日本語Ⅱ(Intg Ⅱ)
漫画をノベライズしてひとつの作品として完成させる。日本語の様々な文体や表現を学び、自らも適切かつ豊かな日本語で描写ができるようになることを目指す。

(3)総合日本語Ⅲ(Intg Ⅲ)
留学生の視点で見た名古屋は、観光都市としてどうでしょうか。名古屋にもっと外国人観光客を誘致するために、何ができるでしょうか。この授業では、①名古屋の観光地、②食の問題、③体験型プランの販売、④名古屋の多言語表示の4つの観点から、外国人ならではの視点で改善提案を発表するコンテストを行います。

(4)総合日本語Ⅳ(Intg Ⅳ)
3つのタイプのジン(小雑誌)を作成することによって、日本語運用の総合的な(文章表現と口頭表現、インプットとアウトプットの)能力を高める。とくに、さまざまなもの(人物や場所など)の魅力をことばとビジュアルでうまく伝えられるようにする。

[ページの先頭へ]


名古屋大学国際言語センター
〒464-8601 名古屋市千種区不老町 [ 地図 ]
電話 052-789-2198 FAX 052-789-5100
Copyright © 2014 International Language Center, Nagoya University