概要

留学生センターでは、次のような日本語教育を行なっています。

全学日本語プログラム

全学日本語プログラムは、本学に在籍する外国人留学生(大学院生、研究生など)・客員研究員・外国人教師など、日本語の学習を希望する人は誰でも受講できます。
実施要項(登録案内)

標準コース 本学に在学する外国人留学生・客員研究員・外国人教師などを対象とし、日常生活はもとより大学での研究活動に必要とされる日本語の運用能力を伸ばすことを目的とします。各学部に通知が行くので、受講希望者は決められた期間に受講申込手続きを行ない、レベル分けテストを受けなければなりません。
集中コース 本学に在学する外国人留学生・客員研究員・外国人教師などを対象とし、日常生活はもとより大学での研究活動に必要とされる日本語の運用能力を伸ばすことを目的とします。各学部に通知が行くので、受講希望者は決められた期間に受講申込手続きを行ない、レベル分けテストを受けなければなりません。
オンライン日本語コース 日本語の授業に出席することが時間の関係などで難しい留学生のために、Web上で教材を配布し、学習者からの解答に対しフィードバックを返すというものです。受講者は学内LANで、日本語入力可能なものに限ります。登録者にはパスワードを発行するので、詳しくは留学生センターホームページをご参照ください。プレイスメントテストは不要です。
漢字コース 留学生が日本語を学習する際の難関としてよくとりあげられる「漢字」について、アラカルト授業を設けます。なかなか一人では勉強が進まない、ついくじけてしまいそうになる漢字学習を少しでも支援するのが目的である。初級・中級といったレベルに関わらず、またほかの日本語コースの受講や、これまでどのようなテキストで勉強しているかに関わらずこのクラスを受けることができます。
入門講義 日本文化学、国際関係論、言語学など専門分野をやさしく解説する入門講義形式で授業を行い、日本語運用能力を高め、日本を理解するのを助けます。日本人学生を対象とした学部や大学院の講義への橋渡しとして、またさらに専門を深めていくための導入教育として位置づけています。講義はすべて日本語で行っているため、日本語能力試験2級程度の日本語力を備えていることが条件となります。
ビジネス日本語 将来、日本の企業に就職を希望する人はもちろん、日本人のビジネスコミュニケーションに対する理解を深めたい留学生を対象とし、日本のビジネス・マナー及 びビジネスで用いられる日本語表現を身につける。また、日本人のビジネス・スタイルや価値観、日本のビジネス習慣、日本企業の特徴などの理解も深める。
特別日本語プログラム 特別日本語プログラムには4つのコースがあります。このコースを受講するためには、以下の受講資格が必要です。
  • 大使館および大学推薦による国費研究留学生(教員研修生/日本語日本文化研修生)
  • 日韓共同理工系学部留学生
  • 本学の学部に在籍する留学生
初級日本語特別コース このコースは、これまでに日本語を全く学習したことのない外国人留学生を対象とします。日常生活および大学生活で必要となる「話す」「聞く」能力の養成に主眼をおき、「読む」「書く」能力の基礎をつくることを目的とします。学習は日本語の発音、平仮名から開始し、コース修了時には日常会話に困らない程度の日本語能力を養成します。受講者は大使館および大学推薦による国費研究留学生および教員研修生に限ります。 
上級日本語特別コース このコースは、「上級レベルの日本語の習得(「話す・聞 く・読む・書く」のすべてにわたって)」「日本(日本文化・日本事情)に関する的確な理解」「各自の専門分野の基礎的な研究方法の習得と実践」の3つを目標として、10月から翌年9月までの12ヵ月間に30週に渡って日本語、日本事情、日本文化に関する特殊講義、レポート作成指導がすべて日本語で行われます。受講者は大使館および大学推薦による国費留学生(日本語日本文化研修生)であり、本国の大学で「日本語・日本語学・日本語教育・日本語学(日本研究)」を主専攻とし、2年以上の日本語学習歴があり、日本語能力試験2級以上の日本語力を有することが必要となります。
日韓コース 日韓共同事業によって日本に留学した韓国の理工系学生が学部に入学する前に受ける6ヵ月間の日本語および専門科目のコースです。学部入学後、速やかに勉学生活に適応できるように高度な日本語運用能力の養成と日本語による専門科目の予備教育を行います。
学部日本語 学部に在籍する留学生を対象に、日本語運用能力の向上を目指し開講 されます。大学で所定の単位を取得していくためには、講義を聴く、ノートをとる、ゼミで発表する、レポート・答案を書く、ディスカッションをするなど、高度な日本語運用能力が要求されます。授業ではその基礎訓練を行うとともに、日本人学生や教官とのコミュニケーション能力の育成や、日本社会・文化に対する理解を深めることを目標としています。
オンライン日本語教材

ウエッブを利用して作成された教材が集めてあります。初級の文法、中上級の読解および作文、初級、中級、上級の漢字の練習ができます。各問題に答えると採点と正解が表示され、評価を見ることもできます。
WebCMJ
オンライン日本語コース(Moodle)

日本語教育関連図書  

[ページの先頭へ]


名古屋大学国際言語センター
〒464-8601 名古屋市千種区不老町 [ 地図 ]
電話 052-789-2198 FAX 052-789-5100
Copyright © 2014 International Language Center, Nagoya University