学部日本語

1.目標

学部に在籍する留学生を対象に、日本語運用能力の向上を目指し開講されます。大学で所定の単位を取得していくためには、講義を聴く、ノートをとる、ゼミで発表する、レポート・答案を書く、ディスカッションをするなど、高度な日本語運用能力が要求されます。授業ではその基礎訓練を行うとともに、日本人学生や教官とのコミュニケーション能力の育成や、日本社会・文化に対する理解を深めることを目標としています。

2.クラス

文系 : 文学部・教育学部・法学部・経済学部・情報学部人間社会情報学科
理系 : 医学部・理学部・農学部・情報文化学部自然情報学科・コンピュータ科学科
工学(国): 工学部(国費留学生・政府派遣留学生)
工学(私): 工学部(私費留学生・日韓プログラム)

1年前期

対象 時間 内容 単位数
文系クラス 月3限 文章表現 1.5
木3限 口頭表現 1.5
理系クラス 火2限 文章表現 1.5
木2限 口頭表現 1.5
工学(国)クラス 月2限 文章表現 1.5
水2限 口頭表現 1.5
工学(私)クラス 月2限 文章表現 1.5
水2限 口頭表現 1.5

2年前期

対象 時間 内容 単位数
文系クラス 火1限 文章表現 2
単位補充*
月5限 口頭表現 1.5

1年後期

対象 時間 内容 単位数
文系 木3限 文章表現 1.5
金2限 口頭表現 1.5
理系 火2限 文章表現 1.5
木2限 口頭表現 1.5
工学(国) 月2限 文章表現 1.5
水1限 口頭表現 1.5
工学(国) 月2限 文章表現 1.5
水1限 口頭表現 1.5

2年後期

対象 時間 内容 単位数
文系 木1限 文章表現 2
単位補充* 月5限 文章表現 1.5

 *言語文化科目Ⅰを不受講もしくは不合格の者が受講します。ただし、この科目で言語文化科目Ⅱの単位を補充することはできません。

3.注意事項

(1)この科目は外国人留学生を対象とします。
(2)法学部、経済学部の外国人留学生は日本語が必修です。
(3)それ以外の学部では、英語以外の外国語としてこの科目を受講することができます。英語以外の外国語とは、ドイツ語、フランス語、ロシア語、中国語、スペイン語、朝鮮韓国語です。卒業要件として必要な英語および英語以外の外国語の単位数は学部によって異なりますので、よく確認してください。
(4)日本語を選択した場合、卒業要件として必要な単位数は、理系学部では6単位、文系学部では10単位です。したがって、文系学部の外国人留学生は2年次の言語文化科目Ⅱを受講しなければなりません。
(5)単位の取得には2/3以上の出席が必要です。 

4.担当教員連絡先

永澤 済 
Tel:052-789-4895
E-mail:in(@カッコをとってください)nagoya-u.jp

[ページの先頭へ]


名古屋大学国際言語センター
〒464-8601 名古屋市千種区不老町 [ 地図 ]
電話 052-789-2198 FAX 052-789-5100
Copyright © 2014 International Language Center, Nagoya University