初級日本語特別プログラム

【初級日本語特別コース】

1.目標

このコースは、これまでに日本語を全く学習したことのない外国人留学生を対象とする。このコースでは、日常生活および大学生活で必要となる「話す」「聞く」能力の養成に主眼をおき、「読む」「書く」能力の基礎をつくることを目的とする。学習は日本語の発音、平仮名から開始し、コース修了時には日常会話に困らない程度の日本語能力を養成する。

2.受講資格

大使館および大学推薦による国費研究留学生および教員研修生

3.日程

前期(15週間)
4月初め〜7月末 授業
7月末 〜8月末 夏休み
9月半ば      修了式
後期(15週間)
10月初め〜12月末   授業
12月末 〜 1月初め 冬休み
1月初め 〜 2月初め  授業
3月初め          修了式
 

4.時間割

月曜日〜金曜日
8:45-10:15
10:15-12:00
13:00-14:30

5.使用教材 

『A Course in Modern Japanese (Revised Edition), Vol.1 &Vol.2』(名古屋大学出版会)
『漢字セミナー』(作成教材)

6.プログラム

(1) 教科書による日本語学習

  • ドリル(Drill):文法項目の導入、練習につづき、実際の場面に即して練習も行う 
  • 会話(Dialogue):会話として提出された文法項目の理解の後に、発音の練習も体系的に取り入れ、自然な日本語発話を目標に練習する
  • 漢字(Kanji):各課につき15字程度を導入練習すると同時に、『漢字セミナー』を用いて、辞書の使い方なども練習する
  • 聞く練習(Aural comprehension(Listening)
  • 読む練習(Reading comprehension)

(2) その他の学習活動

  • 話す練習(Speaking):自分のことについてまとまった話しができるようになるためにテーマを決めて発表する
  • 書く練習(Writing):話す練習と融合させ、ワープロを用いて原稿を作成する
  • インタビュー活動:日本人のゲストをクラスに招き、話しをする
  • ホームビジット:日本人家庭を訪問し、学習した日本語を実際に使ってみる活動
  • 専門について発表するプログラム:自分の専門について大まかな発表ができるようにする活動

7.クラス定員

20名を原則とする。

8.注意事項

(1)一時期国などで出国する場合は、必ず事務室に届けること
(2)病気などでやむを得ず授業を欠席する場合は、8:40までに講師室(電話:789-5021)に電話で連絡すること 

9.指導教員の先生方へのお願い

このコースは、国費留学生を対象とした週15コマ(30時間)の集中度の高いコースです。各コマの授業は相互に関連したものとなっていますので、すべての授業に出席することがこのコース参加への条件となっています。指導教員の先生方のご協力をお願い致します。

10.担当教員連絡先

鹿島 央
TEL:  (052)789-4895(研究室)
E-mail: j46082a@nucc.cc.nagoya-u.ac.jp

[ページの先頭へ]


名古屋大学国際言語センター
〒464-8601 名古屋市千種区不老町 [ 地図 ]
電話 052-789-2198 FAX 052-789-5100
Copyright © 2014 International Language Center, Nagoya University