NUPACE日本語

1.目的

 名古屋大学短期交換留学受入れプログラム(Nagoya University Program for Academic Exchange - NUPACE) 所属の留学生を対象とし、日常生活はもとより大学での研究活動に必要とされる日本語の運用能力を伸ばすことを目的とする。

2.受講資格

名古屋大学短期交換留学受入れプログラム(Nagoya University Program for Academic Exchange - NUPACE) 所属の留学生。受講希望者は決められた期間に受講申込手続きを行ない、レベル分けテストを受けなければならない。名古屋大学短期交換留学受入れプログラム(Nagoya University Program for Academic Exchange - NUPACE) 

3.開講期間

前期は4月から7月まで、後期は10月から翌年1月まで、初級から上級までの能力別で日本語の授業を行なう。

4.開講レベル・クラス数・授業時間数

Japanese Language Courses

NP1100 <Level 1> (autumn and spring; 5 credits; 7.5 hours per week x 15 weeks)
For learners who have very little or no knowledge of Japanese. The class aims to teach Japanese that is needed for daily life, and students will learn basic Japanese grammar and 130 kanji. Equivalent of N5 of the Japanese Language Proficiency Test (JLPT).
Textbook: NEJ: A New Approach to Elementary Japanese [vol.1]

NP 1200 <Level 2> (autumn and spring; 5 credits; 7.5 hours per week x 15 weeks)
For learners who have completed NP1100, or the equivalent. Builds on students’ knowledge of basic Japanese grammar and aims to teach Japanese that is needed for university life and Japanese customs. Students will master 300 kanji. Equivalent of N4 of the Japanese Language Proficiency Test (JLPT).
Textbook: NEJ: A New Approach to Elementary Japanese [vol.2]

NP2100 <Level 3> (autumn and spring; 5 credits; 7.5 hours per week x 15 weeks)
For learners who have completed NP1200, or the equivalent. Builds further on students’ knowledge of Japanese grammar, and fosters their ability to understand, talk and write about familiar life situations, such as university life and Japanese customs. Equivalent of N4~N3 of the Japanese Language Proficiency Test (JLPT).
Textbook: NEJ: A New Approach to Intermediate Japanese [vol.3]

NP2200 <Level 4> (autumn and spring; 1~5 credits; 1.5 to 7.5 hours per week x 15 weeks)
For learners who have completed NP2100, or the equivalent. Reviews and practices introductory grammar, fosters the ability to understand, talk and write about specific topics of Japanese culture and society. Equivalent of N3 of the Japanese Language Proficiency Test(JLPT).

NP3100 <Level 5> (autumn and spring; 1~5 credits; 1.5 to 7.5 hours per week x 15 weeks)
For learners who have completed NP2200, or the equivalent. Builds on the foundation of introductory Japanese and fosters the ability to understand, talk and write about general education, Japanese culture and society. Equivalent of N3~N2 of the Japanese Language Proficiency Test (JLPT).

NP3200 <Level 6> (autumn and spring; 1~5 credits; 1.5 to 7.5 hours per week x 15 weeks)
For learners who have completed NP3100, or the equivalent. Fosters the ability to talk and write about current affairs and semi-academic topics. Also aims to enable students to understand abstract press coverage, lectures, documentaries, and discussions. Equivalent of N2 of the Japanese Language Proficiency Test (JLPT).

NP4100 <Level 7> (autumn and spring; 1~5 credits; 1.5 to 7.5 hours per week x 15 weeks)
For learners who have completed NP3200, or the equivalent. Fosters the ability to talk and write about current affairs, semi-academic topics and semi-abstract topics. Also aims to enable students to understand abstract press coverage, lectures, documentaries, and discussions. Equivalent of N2~N1 of the Japanese Language Proficiency Test (JLPT).

NP4200 <Level 8> (autumn and spring; 1~5 credits; 1.5 to 7.5 hours per week x 15 weeks)
For learners who have completed NP4100, or the equivalent. Fosters the ability to talk and write about current affairs and semi-academic topics. Also aims to enable students to understand highly abstract press coverage, lectures, documentaries, and discussions. Equivalent of N2~N1 the Japanese Language Proficiency Test (JLPT).

Kanji I~IV (autumn and spring; 1 credit each; 1.5 hours per week x 14 weeks)
Kanji I
For learners who have very little or no knowledge of kanji. Introduces the 300 kanji needed for level N4 of the Japanese Language Proficiency Test (JLPT).

Kanji II
For learners who have some knowledge of kanji. Introduces the 600 kanji needed for level N3 of the Japanese Language Proficiency Test (JLPT).

Kanji III
For learners who know 600 kanji. Introduces the 1000 (or 2000) kanji needed for levels N3/N2 of the Japanese Language Proficiency Test (JLPT). 

Kanji IV
For learners who know 1000 kanji. Introduces the 2000 kanji needed for levels N2/N1 of the Japanese Language Proficiency Test (JLPT). 

Intergrated Japanese Course Ⅰ~Ⅳ (autumn and spring; 2 credit each; 3hour per week x 15weeks)
For students with ability of Japanese Proficiency Test (JLPT) N2~N1. Highly abstract topics such as current affair semi-academic topics are covered and foster the ability of advanced oral and written expressions necessary for research at the university.
Textbook: materials to be handed out in class.
日本語能力試験N2-N1程度の日本語能力を有する学生を対象に、時事的・準学術的な抽象度の高いトピックを取り上げ、大学での研究に必要な口頭表現、文章表現の高度な能力を養う。 講義はすべて日本語で行っているため、日本語能力試験N2-N1程度の日本語力を備えていることが条件となる。開講期間は日本語コース(SJコース)と同様である。

総合日本語Ⅰ(Intg Ⅰ)
この授業では、「創作ラジオドラマ」を作ります。まず、実写映画やアニメ映画から、どんな人物がどんな声や表現で表されているのかを観察し、実際に声を出して練習します。また、ラジオドラマを聞いて、音声だけでどのようなイメージが伝わるのかを話し合います。最後に映画からラジオドラマの脚本を作り、全員でラジオドラマを演じて、録音します。

総合日本語Ⅱ(Intg Ⅱ)
漫画をノベライズしてひとつの作品として完成させる。日本語の様々な文体や表現を学び、自らも適切かつ豊かな日本語で描写ができるようになることを目指す。

総合日本語Ⅲ(Intg Ⅲ)
留学生の視点で見た名古屋は、観光都市としてどうでしょうか。名古屋にもっと外国人観光客を誘致するために、何ができるでしょうか。この授業では、①名古屋の観光地、②食の問題、③体験型プランの販売、④名古屋の多言語表示の4つの観点から、外国人ならではの視点で改善提案を発表するコンテストを行います。

総合日本語Ⅳ(Intg Ⅳ)
3つのタイプのジン(小雑誌)を作成することによって、日本語運用の総合的な(文章表現と口頭表現、インプットとアウトプットの)能力を高める。とくに、さまざまなもの(人物や場所など)の魅力をことばとビジュアルでうまく伝えられるようにする。

Other Japanese Language Courses
OL300 Post-Intermediate Reading and Writing
For learners who have finished intermediate level Japanese courses. Learners read short passages online and write summaries and essays on related topics to develop writing skills.

入門講義/Introductory Lectures (autumn and spring; 2 credits; 1.5 hours per week x 15 weeks)
Introductory Lectures are content courses. Issues in each specialization are discussed in Japanese, primarily in lecture format. The classes aim at developing Japanese language proficiency in addition to learning about Japan, its culture, and its language. Students need to possess a Japanese language proficiency equivalent to NP3200 (Level 6) or higher. “I”-suffixed courses are offered in autumn, and “II”-suffixed courses are offered in spring.
入門講義では、国際関係論、日本文化論、言語学、日本語学・日本語教育学のあわせて4つの科目を開設する。各科目の内容は以下の通りである。

日本文化論 I 、 II (JCul I, JCul II)
○日本文化論 I (10月〜1月)
この講義では、日本の家族や学校をめぐる最近の問題を取りあげ、受講者の出身国の事例と比較しながら、日本の社会や文化の特徴を議論していく。日本で問題となっている社会現象を自国のケースと引き合わせて考えることで、日本に対する理解を深めるのがこの授業のねらいである。
取りあげるトピックは以下の通りである。
1)映画「毎日が夏休み」に見る新しい家族像、2)夫婦別姓と国際結婚、3)いじめと不登校、4)フリータ−と「だめ連」、5)田舎の生活

○日本文化論 II (4月〜7月)
  日本人にとって、韓国は「似ている」ようでどこかが「違う」、ちょっと気になる国である。この講義では、日本人が韓国の社会や文化のどこに違和感や共感を抱くのかを吟味し、韓国という<鏡>に映った日本人の自画像を議論していく。韓国を比較の対象とすることで、日本を東アジア漢文化圏のなかに位置付ける、広い視野を獲得するのがこの授業のねらいである。
  取りあげるトピックは以下の通りである。
1)日本人の韓国体験記を読む、2)激しい受験戦争と母の祈り、3)子どもと向き合う韓国の父親、4)現代に生きる儒教精神、5)占いと巫俗信仰、6)在日コリアンと日本社会

言語学 I 、 II (GLin I, GLin II)
○言語学 I (10月〜1月)
主に現代日本語を素材として、言語学の基本的な知識・考え方を身につけることを目指す。まず、言語学の基本的な考え方を、日常見られる言葉に対する見方と比較して論じる。また、人間の言葉の一般的特徴を、他の動物のコミュニケーションの手段と比較して検討する。さらに、言葉の意味(意味論)、言葉と社会(社会言語学)、世界の言語と日本語(言語類型論)などのトピックについて基本的なことを学ぶ。

○言語学 II (4月〜7月)
言語学の一分野である意味論について学ぶ。意味研究の重要性、言語の意味に対する考え方、意味分析の資料などの基本的な事柄について理解したうえで、特に現代日本語を素材として、類義表現・多義表現などの分析方法を学び、自ら分析できるようになることを目指す。認知意味論の基本的な考え方についても解説する。

日本語学・日本語教育学 I 、 II (JLin I, JLin II)
本講義では、日本語教育で主に問題となる文法項目を取りあげ、整理・検討することによって、文法の基本的知識を身に付けることを目標とする。毎回、簡単な課題を取りあげ、みんなで考える時間を設ける。そのため、受講者の積極的な参加が要求される。
また、本講義では日本語教育の基礎的知識を身に付けることももう一つの目標としている。日本語教育の現状を概観し、コース・デザイン、教材、4技能の指導法、誤用分析などを紹介する予定である。
本講義で取りあげる内容は、主に以下の通りである。

○日本語学・日本語教育学 I (10月〜1月)
1.日本語学
(1)品詞(2)格助詞(3)活用(4)人称(5)ヴォイス
2.日本語教育学
(1)いろいろな日本語教授法の紹介(2)コース・デザインと教材の紹介

○日本語学・日本語教育学 II (4月〜7月)
1.日本語学
(1)テンス・アスペクト(2)モダリティ(3)待遇表現
2.日本語教育学
(1)4技能(話す、聞く、読む、書く)の指導法について(2)誤用分析

日本文学 I 、 II (JLit I, JLit II)
○日本文学Ⅰ(10月~1月)/日本文学Ⅱ(4月~7月)
日本文学史を概観した後、主に近代における日本文学(小説、随筆、短歌等)の講読を通して、表現や作品の背景を学ぶ。ジェンダーや異文化受容の視点からも日本文化を考える。

5.クラス編成

レベル分けテストの結果と受講申込者の数によってクラス編成を変更することがある。

6.クラス定員

20名を原則とする。

7.授業時間割と教室

国際言語センターの掲示板および国際言語センターホームページを参照。
使用教室については追って掲示する。

8.担当教員

国際言語センター専任教官及び非常勤講師

9.レベル分けテスト

○次に該当する者は必ずレベル分けテストを受けること。

  1. はじめて日本語講座(NPⅠ以上)を受講する者。 
  2. 修了の認定を受けなかった者で、ひとつ上のクラスを受講したい者。

○次に該当する者はレベル分けテストを受ける必要はない。

  1. NPⅠを受講しようとする者。
  2. 先期に全学向け日本語講座を受講し、修了と認められた者はひとつ上のレベルを受講できる。

[ページの先頭へ]


名古屋大学国際言語センター
〒464-8601 名古屋市千種区不老町 [ 地図 ]
電話 052-789-2198 FAX 052-789-5100
Copyright © 2014 International Language Center, Nagoya University