第1回
1994年3月19日 「ケレド」と「ノニ」の談話機能 今尾ゆき子(鈴鹿国際大学国際学部)

第2回
1994年4月23日 助詞「が」と「は」についての管見−構文スキーマ理論の枠組から− 
                        菅井三実(名古屋大学文学部)


第3回
1994年5月21日 文末における「よね」−「ね」と比較しながら− 下山千秋(名古屋大学大学院)

第4回
1994年6月25日 ヲ格補文標識「の」、「こと」の使い分け−仮説設定のプロセスとその意義− 
                        渡部ゆかり(名古屋大学大学院)


第5回
1994年7月30日
 第1発表 行為指示表現に対する応答詞の出現形とその解釈 多門靖容(愛知学院大学文学部)

 第2発表 「形容詞」連体と「動詞的」連体 東弘子(名古屋大学大学院)

第6回
1994年9月24日 文の階層構造を考えることの意味 堀川智也(大阪外国語大学日本語講座)

第7回
1994年10月22日
 第1発表 状態述語文における「を/が」の交替について−願望表現と可能表現を中心に−
                        生田裕子(名古屋大学大学院)
 第2発表 「擬音語・擬態語+する」動詞について 鷲見幸美(名古屋大学大学院)


第8回
1994年11月26日 【公開講演会】 文の意味と時制・アスペクト 町田健(成城大学)

第9回
1994年12月17日
 第1発表 助詞「ガ」の意味に関する覚書−総記の「ガ」は本当にあるか− 菅井三実(名古屋大学文学部)

 第2発表 文末の「〜コトダロウ」における「コト」の意味分析
                        籾山洋介(名古屋大学留学生センター及び文学研究科)


第10回
1995年1月28日 間接疑問詞の焦点解釈をめぐって 江口正(愛知県立大学)

現代日本語学研究会