第51回
1998年10月24日 現代日本語形容詞の意味体系 山本美和子(名古屋大学大学院)

第52回
1998年11月28日
 第1発表 「(〜し)そうだ」の意味分析 ターニャ・ケキゼ(名古屋大学大学院)

 第2発表 動詞「みえる」の多義構造 田中聡子(名古屋大学大学院)

第53回
1998年12月19日 日本語研究における「主観的」モダリティ論の問題点 鈴木智美(名古屋大学大学院)

第54回
1999年1月23日 久野(1973)による格助詞ガの二分類(「総記」と「中立叙述」)の妥当性について 
                                 青柳宏(南山大学)


第55回
1999年3月6日 プロトタイプから見た日本語の条件文 有田節子(愛知教育大学)

第56回
1999年3月27日 文末における「真偽判断モダリティ」形式の意味 木下りか(名古屋大学大学院)

第57回
1999年4月24日 「の節」の統一的分析−準代名詞「の」による連体修飾構造として− 
                              八木健太郎(名古屋大学大学院)

第58回
1999年5月22日 主語を表す一人称及び二人称名詞について 三ツ橋統子(名古屋大学大学院)

第59回
1999年7月3日 動詞「とおる」・「とおす」の意味分析−多義構造の記述を中心に− 
                                 鷲見幸美(中部大学留学生別科)

第60回
1999年7月24日 「はずだ」の意味分析 ターニャ・ケキゼ(名古屋大学大学院)



現代日本語学研究会