応用日本語学分野

教員紹介 院生紹介 修了生紹介 修論・博論 研究会 入試情報 教員公募情報


本分野の特徴

 日本語学・日本語教育方法論・日本文化論の体系的な知識を身に付け、各分野の専門的な研究を行うとともに、日本語教育へ応用する力、日本語教育を実践する力を身に付けます。なお、本分野は名古屋大学国際言語センター所属の教員が指導に当たっており、つまり、担当教員が日本語教育の専門家でもあるので、留学生を含め、日本語教育の専門家を目指す人にとっても非常に恵まれた環境で研究ができます。

指導可能領域

日本語学及び関連領域:
文法論(記述文法、認知文法、日本語教育のための文法研究)、語彙論(共時的研究、通時的研究)、意味論(意味論一般、認知意味論)、日韓対照研究


日本語教育方法論及び関連領域:
日本語教育教材論、第二言語運用論、接触場面の研究、談話分析、コンピュータ支援教育方法論、日本語
CALL教材開発、言語運用に対する評価、学習ストラテジー論、自己調整学習

日本文化論び関連領域:
文化人類学・民俗学、日韓比較文化論、在日朝鮮人文学

入試に関する問い合わせ

募集要項の請求、入試・入学手続き 

人文学研究科事務室 

hum@adm.nagoya-u.ac.jp

◇募集要項・過去問題 

研究科の入試案内ページ

過去問題
 人文学研究科
 国際言語文化研究科(旧研究科)
 文学研究科(旧研究科)
※詳しい研究内容については、本分野の各教員に直接お問い合わせください。